また帰ってきた激突競馬リーグのブログ

愚かにも3度目の蘇生を迎えた社不と3度目の登録を迎えた激突競馬リーグ3+、あとコジ活とかプロスピとか

2023/1/15 佐賀8R・ゴールドスプリント(重賞)

f:id:Marvelous_Sewer:20230113052005j:image

 

【本紙・水上の見解】

2023年最初の発行は他場重賞から。思い返せば、新春賞の予想記事は3代目ブログとなった2021年以降一度も行っていない。昨年は東京大賞典企画にて力を使い果たしたのだ。どうか見逃して頂きたい限りである。

俺たちの◉⑪エイシンビッグボスが今年は佐賀で始動する。2022年は足踏みの1年となったが、前走は憎き新子厩舎のパールプレミアとの一騎討ちを見事制した。ウインターカップは強敵揃いが見込まれるだけに、ここを勝って3歳秋以来の重賞2勝目を決めておきたいところ。

○②マックスも相手が一気に骨っぽくなるが、近走の充実ぶりから勝ち負けできていい。中央時はダートの短中距離を3勝。準OPで1番人気に推されたこともある素質が6歳で遂に開花するか。

▲⑦ダノングッドの前走は各地の猛者が勢揃い、メンバー落ちて見直したい。地元佐賀勢の上位はウインターチャンピオン1・2着(△△)⑧ダイリンウルフ△④スーパースナッズ。ムラ馬△⑩インペリシャブルもいつどこで好走するか分からないだけに抑えておく。

 

【大屋友紀奈の特注】

⑨タガノキトピロ=前走ウインターチャンピオンは脚を余しての3着。当地で計14勝とマトモに走れれば大将格の存在。気になるのは、重賞で「力が足りない」のか「力を出さないようにしている」のかが不透明な点で……果たして賞金の増えるここは?