また帰ってきたBBL競馬

愚かにも3度目の蘇生を迎えた社不

【古川橋S】(京都)テンマクラウンズが逃げ突き放す完勝でド杯MCS優先出走権獲得

18日、京都競馬場で行われた古川橋ステークス(C2特別・芝1400m、1着馬にド杯マイルCS優先出走権、同杯TR出走馬選定競走)は、単騎の逃げに持ち込んだ田島良保騎手騎乗のテンマクラウンズ(牝3、美浦・田中朋次郎厩舎)が3コーナー過ぎから2番手以下を振り切りにかかり、最後は2着のダイダオトサカ(牝3)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分19秒5(良)。

 

さらに1.1/4馬身差の3着にセロハンテープ(牝3)が入った。なお、ワシノトップタン(牝4)は4着に終わった。

 

勝ったテンマクラウンズは、父プルバン、母タイムポリシー、その父ファバージという血統。前走は重賞で11着に大敗したが、そこから立て直しド杯マイルCSの優先出走権を手にした。また、2~4着の各馬は同杯トライアル出走馬に選定される見通し。