また帰ってきたBBL競馬

愚かにも3度目の蘇生を迎えた社不

外国産馬に頭を抱えるウイニングポスト9 2021 #2

今回からいよいよ架空馬を走らせることができるようになりました。とはいえ、自家生産馬ではなく年末の海外セールで買ってきた外国産馬のお話。

 

先陣を切って、アリガトウゴス号がデビューを迎えます。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210417084513j:image

 

人気薄に反発したか、ハナ差制して見事な新馬勝ち。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083052j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084753j:image

 

先生、嘘は良くないですよ。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083941j:image

 

ちなみにどうしようもなく弱い自家生産馬は容赦なくドナドナします。

天馬の叔父貴、駄馬を高く買ってくれてありがトウゴス!^^ノ


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083723j:image

 

直後のコスモス賞、更に人気を落としたアリガトウゴスが連勝。もしかして強いのかな?


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084135j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084336j:image

 

先生がそういうってことは強いんだろう。令和じゃ見れないくらいガシガシ追ってたし、勝てる見込みが高かったに違いない。もちろんスピードも


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084820j:image

 

4453先生、駄馬を勝たせてくれてありがトウゴス!^^ノ

でも嘘はよくないよ!


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083205j:image

 

「足が遅い」という競走馬にとって致命的な弱点が分かってもなお力走を続けるアリガトウゴス。彼女が重賞を勝つ日は訪れるのでしょうか。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084424j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417085007j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417082929j:image

 

さて他の馬の動向ですが、まずビゼンニシキは去年のうちに力を出し尽くして嘘のようにボロ負けを繰り返しました。史実通りここで引退。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083746j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083413j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084005j:image

 

どうにも善戦マンの域を出なかった貰った馬も、引退して自家生産の元になってもらいます。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083636j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083810j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084711j:image

 

フェートノーザンは遅め成長のせいで全日本2歳優駿に間に合わなかった。おまけに持てもしないのにカウンテスアップとグレートローマンをムキムキにエディットしたせいで、2頭が引退するまではG1にはとても手が届きそうにありません。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083141j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084115j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084449j:image

 

ダイナガリバーもいきなり重賞というのは荷が重すぎたようですね。皐月賞に間に合えば、三冠に手が届かなくもなさそう。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083118j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083324j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417082950j:image

 

逆にステイヤーマウントニゾンは、春クラシックは無理して間に合わなくても大きな問題にはなりません。夏の札幌2600でベールを脱いでもらい、菊花賞に向かいたいところ。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084027j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417085310j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083857j:image

 

日本に敵はいなさそうなニッポーテイオーダイナガリバーの成長次第では、皐月賞にも出てもらいたいのですが。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083016j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083348j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084938j:image

 

所有しないとフェートノーザンの邪魔ばかりするトウケイ一族。フェートノーザンが元気なうちは地方をドサ回りしてもらって衰えたところでG1…と思っていたところ、今作からドサ回りしすぎると地方重賞の重量規定に引っかかって60キロ以上背負わされる事例があることが判明しました。そんなー


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084621j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084847j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084736j:image

 

阪神ジュベナイルフィリーズを大差勝ちしたメジロラモーヌには、何も心配していません。無敗の牝馬三冠達成を見守りましょう。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084557j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083255j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084401j:image

 

その分、ダイナアクトレスには無理をさせずG2で賞金を稼ぎまくってもらいます。名声も上がって一石二鳥ですね。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083834j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083440j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083228j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083923j:image

 

足が遅いアリガトウゴス。どうせなら、柔軟性とスピードが逆なら良かったですね。健康もGなので繁殖としてもまるで期待できません。牝馬が集まれば真っ先にリストラ対象になることでしょう。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084913j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084051j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084231j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084645j:image

 

クソザコナメクジ豆腐メンタルを持つメンヘラ牝馬アートウゴス。天馬の叔父貴は「能力は保証する」とか偉そうなこと言ってた割に、精神的にひ弱な馬をしっかり押し付けているのは策士ですね。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417083608j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083545j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084321j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417084256j:image

 

オート命名で適当に決められたヘイアントウゴスに至っては、未出走で何も書くことがありません。地方の牝馬重賞をドサ回りさせたいところ。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084532j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083034j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083656j:image

 

年末には、愉快な老け顔18歳トリオが挨拶にやってきました。よろしくね。


f:id:Marvelous_Sewer:20210417084202j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210417083502j:image

 

来年デビューの自家生産馬はまさかの1頭。その分、スタート直後とは思えないほど史実馬の層が厚い布陣を敷いて挑みます。スダポークの期待に応えることはできるのか。

 

何も考えずにやるウイニングポスト9 2021 #1

あるところに、競馬の箱庭がありました。

最初の年に3歳馬を貰えるのですが、シンボリルドルフが邪魔で思うように遊ぶことができません。

怒ったプレイヤーは、シンボリルドルフとついでにミスターシービーを弱体化することにしました。

こうして箱庭に平和が訪れたのでしたとさ。めでたし、めでたし

 

 

 

というわけで、なんだかんだ悩んだ末にウイニングポスト9 2021も購入した肥テクの犬です。

買ったのはSteam版じゃないので普通にやります。ゆるしてね。

 

プレイ開始の前に、DLCを買わなければ絶対に入手できないシンボリルドルフミスターシービーのスピードを45にしておりますので悪しからず。この世界にはションボリルドルフしかいません。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210416185906j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185444j:image

 

今作でお名前をお借りするのは某ショボイ画面のブラウザゲーム管理人。大陸の英雄になっていただきます。


f:id:Marvelous_Sewer:20210416185530j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185808j:image

 

3月までにかき集めた牝馬から5頭の幼駒が誕生。


f:id:Marvelous_Sewer:20210416190005j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185941j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185505j:image

 

正直な気持ち、オペラオーとデジタル以前の史実馬は名声を稼ぐ機械で以後の史実馬はクラブに入れてドサ回りをしてもらう機械なのであまり取り上げることはないのですが、ビゼンニシキくんには名声稼ぎのためにも皇帝が粗チンと化した世界で我世の春を謳歌してもらいます。


f:id:Marvelous_Sewer:20210416185839j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185553j:image

 

貰った謎の2歳馬を勝たせてこの顔をする若かりし日の名伯楽。


f:id:Marvelous_Sewer:20210416185424j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185926j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185736j:image
f:id:Marvelous_Sewer:20210416185656j:image

 

 

 

いいですね!

 

 


f:id:Marvelous_Sewer:20210416185620j:image

 

年末には18歳の老けたお方がやって来ました。早めに仲良くさせていただくことにします。

 

21/4/4 阪神11R・大阪杯(GⅠ)

昨日のうちに投稿した気になってたが何一つしてなかった

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210403100131j:image

 

さて大阪杯

上位4頭で決まりそうですが、敢えて順序を付けるとすれば

 

◎⑫グランアレグリア

○⑦コントレイル

▲②サリオス

(△△)⑧レイパパレ

 

使い分け対象の自称史上最強牝馬さんが引退してようやく中距離戦に出られるようになったグランアレグリアに理解らされるコントレイルくんが見られそうですね。3歳時の気難しさも影を潜めた今なら、2000m戦程度は折り合えるはず。

◎が異常に強い分、コントレイルは2着までなら仕方がないと思います。腐っても三冠馬なので他の馬には負けてほしくないですが。

レイパパレは前走が余りにも低レベルすぎてまだ信頼はできませんので、消去法でサリオスが3番手評価。どうしてもまだ買いたいなら宝塚3着の①モズベッロか③アーデントリーでも買ってください。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210403100049j:image

21/4/3 中山11R・ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅠⅠⅠ)

退勤シャトル

 

しごおわの民

 

というくだらないツイートを投稿するだけの悲しきモンスターbotに成り下がった俺

 

※リプライはとくに無い。

 

◎①スマイルカナ

極端な枠に入ってしまった柴田犬痴さん。控えても大丈夫だの宣ってましたがこの枠じゃやることなんて逃げるだけでしょう。頭で来るか馬券外に飛ぶかのガチャです。

ちなみに、1枠の過去10年成績は[2-0-0-18]。SR排出率は10%。更にこの期間1番枠は一度も馬券に絡んでいないそうですよ。たのしいですね。

 

以下、

◯④ルフトシュトローム

▲⑯ウインカーネリアン

(△△)⑪カテドラル

△②③⑨

 

スリルを味わいたい方、犬痴に1万賭けられる心の強い方は頭固定で買ってみるのも一興。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210402194339j:image

帰ってきたウイニングポスト8 2018 #2

7月4週、今日はトムカウントの未勝利戦からスタートします。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331133106p:plain

 

おや、変な騎手が乗っています。

中野渡さんはどこに行ったのでしょうか。

 

 

 

私が降板させました。

 

 

というのも、前回思いの外勝てるレースが多かったので「頭が足んなくても勝てるのでは?」などと足りない脳みそで考えてしまいました。今週は福島で出走する所有馬のうち、最上位人気の馬の騎手が強制的に足んないに変わります

さすがにトムカウントくらいになると未勝利では格が違ったので楽勝していますが、他の馬はそううまくいくでしょうか。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331133900p:plain

 

本郷先生も、内心「こんな下手くそを主戦にするのか」と頭を抱えてそうです。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331133956p:plain

 

2レース目、ダンシングファイタも勝利。案外行けるか。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134037p:plain

 

3レース目、10着。最下位もゲット。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134135p:plain

 

4レース目は11番人気の伏兵にガッチリと蓋をされての3着。人気通りとはいえこんなの印象が悪すぎ。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134234p:plain

 

曜日をまたいで5レース目、見せ場なく4着。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134309p:plain

 

6レース目は2番人気を裏切って6着。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134433p:plain

 

7レース目。1番人気で4着。最悪。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134503p:plain

 

最後の8レース目で帳尻合わせの勝利ですが、トータルの結果を踏まえて丹内を乗せるとマイナスが大きいという結論になりました。ラフィアン関係者の皆様、ご査収ください。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134653p:plain

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134707p:plain

f:id:Marvelous_Sewer:20210331134721p:plain

 

目ぼしいところではサンオーイが中京2歳ステークスを勝って、次走重賞に挑戦します。

帰ってきたウイニングポスト8 2018 #1

かれこれ1ヶ月近く更新されてないダビスタですが、必ずしも飽きたわけじゃないです。3割くらいはステイゴールド×スプリングスイーツ配合の沼に落ちてリセマラを繰り返しているからです。

 

つまるところ7割飽きてます。

 

気分転換に腰を据えてダビスタ(でキチガイプレイ)をしたくなったこともあり、ツールで大暴れできる環境に帰ってきました。2週間に1回位は進捗が出せるように、なるべく頑張りたいと思います。

 

※着順操作以外のツール使用チートを多用します。着順操作はキリが無くなるのでやりたくない。

サンデーサイレンスは死にません。むしろ世界を転戦して大暴れさせるつもりでいます。

※未勝利馬全頭所有プレイは二度としませんし、大舞台に集結したりもしません。

 

 

さてまっさらなデータを使って始めようと思ったところ、何やら1年目の夏に入ったところで止まっているデータを発見。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327002339p:plain

f:id:Marvelous_Sewer:20210327002415p:plain

 

お薬を注入された遺伝子組み換えヤマノシラギクや、

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327002459p:plain

 

背景ストーリーを掘り下げたくなるような戦績をした3歳馬、

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327002558p:plain

 

謎の上がり馬が仕込んでありました。このへんは今後の記事にもまたでてくるかもしれないですね。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327003008p:plain

 

今回のプレイングは、コンピューターのクソローテで干されてしまったかわいそうな馬を強奪して酷使することになります。あとは気になった馬を全部ぶんどること。クラブ設立の話が来たあとは、条件馬をクラブに飛ばして手持ち馬を整理したいと思っていますがそんなに上手くいくかはわかっていません。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327003529p:plain

 

記念すべき最初のレースは、福島さんが騎乗するコトノアサブキが1番人気に応えて圧勝。地方馬は干されがちですがちゃんと走らせれば勝てるんだなあ。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327003931p:plain

 

次走はアメリカ遠征させます。なんか上にいた馬も同じ週に遠征するようなので、おたべさんにこの馬もおまかせすることにしました。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327004211p:plain

 

なお、福島で乗ってろさんだけでなく他の地方騎手や海外騎手、頭が足んないなどの理由で依頼できる騎手リストから外れた騎手を自分の馬に連れてくるにはSpoilerALが要ります。お気に入りの地方騎手がいる方はダウンロードしましょう。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327004359p:plain

f:id:Marvelous_Sewer:20210327004453p:plain

 

7月3週は17頭が出走して11勝でした。1年目ですがこれから先もこんな結果が続きます。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327004629p:plain

 

なんなら7月4週出走馬はもっといたりします。楽しみですね。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327004717p:plain

 

勝ち馬の中で目ぼしいところでは、名鉄杯を八百屋さんの手綱で逃げ切ったダブルアトラスが次走キーンランドカップで重賞挑戦。なんか相手がカスばっかりなので距離足りないけど使います。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327004921p:plain

 

準オープン2連勝でオープン再昇級のライトピットは小倉日経OPへ。2018年って降級制度とかがあった最後の年なのかな。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327005100p:plain

 

ダート馬スリースピリットはBSN賞へ。今週出た馬はダビスタ風に全馬逃げさせたんですが、そういえば4角で前が空いてないと勝てないのはダビスタだけでした。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20210327005417p:plain

 

リーディングは3位。主力が重賞を総なめにすれば、量を質で補って賞金王になれそうです。

21/3/28 中京11R・高松宮記念(GⅠ)

いよいよ春のGⅠシーズンが始まりますね。ぼくは就労シーズンが始まるため憂鬱です。

 

◎⑭ダノンスマッシュ

ご存知の様に、今年の中京は魔境です。年明けからのロングラン開催で芝はボコボコだし、かと思えば逃げ残りの行った行ったばかりになったりと、もはやヘタクソが真面目に予想するだけ無駄。過去のデータなんて持ち出したところでその通りに決まるとも思えません。

なので昨日見たレシステンシアが馬券外に吹っ飛ぶ夢を参考に印を入れることにしました。

とはいえスプリント実績を踏まえればダノンスマッシュが最有力候補だし、馬鹿みたいに馬場が渋らなければレシステンシアとか関係なく勝ってもいいのでは。

 

○⑩ラウダシオン
▲⑨インディチャンプ
(△△)⑯レシステンシア
△⑱ミッキーブリランテ

この辺は深く考えるだけ意味ないと思いました。

 

消③ライトオンキュー

今年芝未勝利騎手に変わって魅力無し。

 

消④モズスーパーフレア

冬毛びっしり。

 

買い目は例のごとく3連複軸1頭で。僕は先日姫路で痛い目を見たので買いませんけど。

https://orepro.netkeiba.com/mydata/yoso_detail.html?id=60168838-2021