また帰ってきた激突競馬リーグ

愚かにも3度目の蘇生を迎えた社不と3度目の登録を迎えた激突競馬リーグ3+、あとコジ活とかプロスピとか

東郷競馬ハイライト【2201年3月1週の激突競馬リーグ】

f:id:Marvelous_Sewer:20220115201301j:image

 

1週の阪神芝1600m未勝利戦に予定通りテストジャック(牡3)が出走。

こんな時期にガチの有人馬は出てこんと踏んで、今回差し得意なやーれな騎手を手配して中団前を指示。

 

f:id:Marvelous_Sewer:20220115201657j:image

 

読み通りハイペース差しが届き、無事この世代4頭目の勝ち上がり。0勝で終わることがなくてよかったです。

なお、無理矢理使い詰めで出てたこともあり成長放牧は打てず。一旦普通の放牧で疲れを取りました。

 

【次走報】

帰厩の早い順に、

テストウーマン(牝4)が明日4週に入厩予定です。4月1週に中山芝2000mの牝馬限定1勝Cがあるので、まずはここを検討していきます。その2週後に、優先順位の高い方から白鷺特別(阪神芝2200mH)、1勝C(名古屋ダ1900m牝)或いはグランシャリオナイター開幕特別(門別ダ1700m)のうち手頃な相手のレースに使えればいいですね。

キタノテストマン(牝3)は5週に入厩。4月1週(阪神芝2000m)か4月2週(福島芝2000m)、いずれも未勝利戦のどちらかで決めて欲しいところではあります。現3歳世代で一番表パラのしんどい仔なのであまり期待はできないかもしれませんが、それならそれで少しでも小銭稼ぎをしてくれれば。

・今朝方放牧に出たばかりのテストジャック(牡3)は4月3週の帰厩、同5週の1勝C(東京芝2000m)あたりが候補ですね。

・残りの3歳馬3頭は5月まで帰ってきません。

・2歳馬は道営開幕シーズンに勝たないといけない仔がいないので適当に遊ばせます。成長次第でズブライト(牡2)の去勢が視野に入るくらい。中央新馬が始まり次第、弱メンを死ぬ気で探してトウホクハヤガーレ(牡2)をデビューさせます。