また帰ってきたBBL競馬

愚かにも3度目の蘇生を迎えた社不

21/5/5 兵庫大賞典(ひょうごだいしょうてん)

あしたはとてもたのしいレースがあるよ!

 

とってもつよいおうまさんがはしるよ!!

 

ぼくはしごとだよ!!!

 

※インターネットでしんぶんがむりょうでよめるよ。→http://sonodahimeji.keibabook.co.jp/pdf/20210505_11.pdf

 

 

◎⑦ジンギ

さて。

いよいよ本格化を迎えたジンギを嫌ってか、1着賞金2000万円のドル箱レースがまさかのフルゲート割れ。おまけにB2馬まで出走可能という事態に。

マイタイザンやナムラヘラクレス、オオエフォーチュン、さらにはまだジンギと直接対決のなかった新子厩舎二本目の矢タガノディグオまで回避したとなれば、もはや一強体制は避けられそうもなく。

金盃や白鷺賞の勝ち方からして、地元戦ではもう敵はいないというか、刺客らしい刺客も不在で勝利は元より内容が問われる一戦になるか。

 

○③ドライヴナイト

ここ3戦は出遅れ2発にグレード競走、力を出し切っての敗戦と見限るには早計。むしろ後ろからの競馬で3着なら、スローの逃げを打てれば持ち味が生きるはず。エイシンニシパを嫌って学Jが仕掛けを遅らせれば2着までは逆転も見込める(ジンギには勝てそうもない)。問題は発馬だけ。

 

▲⑤エイシンニシパ

姫山菊花賞こそ◎に先着したが、いくら重賞請負人の赤岡Jといえどテン乗りでは難しかったか。金盃は文字通りの完敗だし、その後重賞2連勝も着差は僅か、ズブさを見せるようになっており人気・額面通りの信頼は置けないか。

 

(△△)①メイプルブラザー

JRAからの転入初戦のパフォーマンスが圧巻。57kgを背負って2着以下を4馬身千切る鮮烈なデビューを果たした。ただ、佐賀記念でクリンチャーのレコード決着の中激走した反動かここ2走は終いで集中力を欠く悪癖が露呈、人気を裏切っている。一発の魅力はあれど、あくまで「連下筆頭」の域を出ないか。

 

△⑧コスモバレット

2走前にナムラヘラクレスを完封し、続くはがくれ大賞典で▲に3/4馬身差2着。先行一辺倒からの脱却には成長が見られるが、同条件1870m重賞がいずれも大敗で…

 

消⑩マイフォルテ

六甲盃への叩きに加え展開的にも流れ込みが期待できない。

 

買い目は7→3,5→1,3,5,8で(空気)

7↔3,5だとガミです。